単なる猫好きが携帯片手にねこカフェを巡りつつ、愛されている猫たちの写メを撮っていくblogです。ゆったりしていってくださいね♪ご意見、ご感想等はshibuan@hotmail.co.jpまで。(@を小文字にb)


by shibuneko

赤坂・きまぐれねこ



c0181601_2112667.jpg


落ち着いた大人のリビング。
お店の全てがフランス特化。

東京メトロ赤坂駅、赤坂見附、溜池山王それぞれから徒歩4分以内。
赤坂サカスにTBSなど周囲に楽しめるスポットも多いという立地。
土地柄、平日はOLさんやビジネスマンで混み、
土日は比較的空くとのこと。

c0181601_22528.jpg


ビルはキレイとは言えないものの、
店内は落ち着いた大人のオシャレ感を漂わせる。

c0181601_2251492.jpg


スリッパにはきかえた後、
ねこスタッフの脱走防止の柵を開けて本扉へ。
不覚にもこの柵の開け方がわからずわたわたしてしまった。
少し上に上げると動きます。
ここで引っかかる人は自分くらいかと思われますが、
もしかしたらいるかもしれない仲間のために念のため。

店内に入って受付を済まし荷物をロッカーへ。
手洗いはお手ふきを使用。
飲み物をオーダーするとハイチュウなどのお菓子が一緒に。

c0181601_2333916.jpg



冷たい飲み物は氷がねこのかたちというこだわり。

c0181601_315811.jpg

*駆け回るねこがコップを倒して中身が散乱したので撮れた写真です。念のためb


年末・年始で店内レイアウトを大幅にかえた模様。
今後もインテリアを加えていきたいとのこと。
2週間後あたりにお邪魔したらまたガラっとかわっているかも知れない。

c0181601_2404069.jpg


ねこスタッフは6匹。
近々オシキャットの子が一匹加わる予定とのこと。

店内はフランスをテーマに据えているだけあって、
ねこスタッフの名前も全てフランス語。
グラン、ベベ、マダム、ムッシュ、キール、ジャンと、
聞き覚えのあるフランス語がそろっている。
しかもどの子も血統がよい良家の出。

c0181601_305138.jpg


c0181601_305998.jpg


c0181601_311637.jpg




価格層は安めの部類なのだが、
空気としは敷居が高い。

受付をされていたスタッフの方曰く、
元気いっぱいに遊んでもらえるお店にしたいとのこと。
もしそちらを狙うのなら、
むしろインテリアは減らす方がよいかも知れない。

ねこのおもちゃは豊富。
持ち込みは禁止に改定。
オモチャを通じての病気の感染の防止のためとのことです。

新品のみ可に改定されました。


全てのねこスタッフが仔猫、
しかもOPENから間もないということで、
何を使っても食いつき良好。

じゃらし方次第で自分の体を駆け上らせたり、
キャットタワーを駆け上らせたり、

c0181601_352597.jpg


ケージを駆け上らせたり、

c0181601_354344.jpg


さらには肩に乗せることだってできてしまう。

c0181601_355589.jpg


料金は1時間800円。
その後30分毎に400円。

飲み物も200~250円というリーズナブルな設定。

営業時間は11時~20時で不定休。
年末年始など、
時期によって変則的な営業時間になるため、
行く前は営業時間のチェックを是非。

まだまだこれから変化と成長のあるお店だと思います。
元気の良い仔猫が多いということで、
走り回る度に巻き上がる埃の対策、乾燥対策、
そしてねこスタッフの皆さんの爪の扱いが、
とりあえずの課題になってくるかと思います。
ねこスタッフも段々と加減を覚えてくるので時間の問題ともいえますがb
足を数か所、手の指、耳の裏などをザックリいかれました。
子猫は爪が伸びるのが非常に速いので、
切り過ぎてもよくないものの、
怪我をさせない程度の長さを保ってもらえたらと思います。
お仕事帰りのOLさんもメインの客層に考えるとストッキングが心配です。

それにしてもカーテン越しの日差しがやわらかいことこの上なし♪

c0181601_3135112.jpg



にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ

赤坂『きまぐれねこ』店舗サイト
http://www.kimagure-neko.com/

店舗ブログをスクロールさせようとするとやたら動きが重いのですが、
それは自分のPCの問題なのでしょうか(@w@;

数日後に改善されました。
お見事です!
[PR]
by shibuneko | 2009-01-05 03:23 | 旧赤坂・きまぐれねこ(5)