単なる猫好きが携帯片手にねこカフェを巡りつつ、愛されている猫たちの写メを撮っていくblogです。ゆったりしていってくださいね♪ご意見、ご感想等はshibuan@hotmail.co.jpまで。(@を小文字にb)


by shibuneko

<   2009年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧


下北沢・princeより。


前回、哲(てつ)に
『スイーツは人用だから欲しがっちゃダメだよー。』と言われた風(ふう)。


風(ふう) 『お菓子たべたいのになぁ。』
c0181601_1628563.jpg




晴(はる) 『おねだりはもっと上手にしなきゃ♪』
c0181601_1629405.jpg





晴(はる) 『あにゃ~ん♪』
c0181601_16315483.jpg





晴(はる) 『おにゃ~ん♪ (チラッ)』
c0181601_16325965.jpg





哲(てつ) 『おねだりしてもダメ!』
c0181601_16364633.jpg





晴(はる) 『しゅん・・・・・・。』
c0181601_16404414.jpg





そんな下北沢・princeのねこたちは人懐っこく、
自分から肩に乗ってきてくつろいじゃうほど。

c0181601_16414830.jpg





肩に乗せたい!という気持ちをこめてぽちっと是非m(_ _)m
みなさまの1日1ぽちが励みになっております。

にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
[PR]
by shibuneko | 2009-01-31 16:42 | 下北沢・prince(14)

下北沢・princeより。

パティシエを擁する下北沢・princeの本日のスイーツは抹茶シフォンケーキ。
こだわりポイントが書かれたメニューがテーブルの上に。

c0181601_211558.jpg




シフォンというと少しガサガサなイメージがあったのですが、
しっとりふわっとして美味しく頂けました。
抹茶好きは是非。
スイーツメニューは日替わりで、
パティシエの気分しだいなので必ずしもあるとは言えませんが。


c0181601_20551271.jpg




ねこスタッフたちも興味津々。

c0181601_2059954.jpg



風(ふう) 『ぼくも食べるー!』
c0181601_2131521.jpg




哲(てつ) 『あれは人用だからだーめー。』
c0181601_2141762.jpg




風(ふう) 『しゅん・・・・・・・。』
c0181601_215286.jpg




パティシエのスイーツに興味津々な気持ちをこめてぽちっと是非m(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ


ねこスタッフのみなさんは続々大集合でしたw
c0181601_2172097.jpg

[PR]
by shibuneko | 2009-01-30 21:07 | 下北沢・prince(14)

ねこスタッフたちをひきつける最もお手軽かつ強力なアイテム、
それがねこおやつです。


c0181601_8151337.jpg



お店によってあるところないところそれぞれですが、
ねこフェロモンが出ていなくても、
じゃらす技がなくても、
誰でも圧倒的なねこモテタイムが満喫できるアイテムなのです。


ねこおやつがあるお店だと、
決まった時間に配られるお店と販売されているお店がございます。
販売されている場合は大体100~300円。
カリカリのねこのごはんを小さなビニールの袋に入れている場合が多いようです。
ねこ達の体重管理を考えて数量限定。


小さなビニールに包まれたねこおやつ。
この限られたおやつをいかに有効かつ安全に使うか。


おやつに安全も危険もあるんかいと思った方もいらっしゃるかも知れません。
あるんです。
ねこおやつの使い方を知らないとこういうことになります。


c0181601_832314.jpg



初期も初期、
噂のねこカフェとやらに行ってみたという時の思い出です。
まさか後に猫カフェblogを書こうなんて当時は想像もしていませんでした。


おやつをあげる時は掌にのせてあげるのが基本です。
指でつまんであげようとすると流血の惨事になる可能性がございます。

c0181601_8403293.jpg




きちんと掌にのせてあげるとお行儀よく食べてくれます。
しかも顔を掌にうずめてくれるので、
掌全体で、おやつを追って顔をもふもふ動かしているのを感じることができるのです。
実にたまりません。

c0181601_8485840.jpg




さらにカリカリを直接あげず、
ゆびにすりつけてその指をねこの鼻先に出すと、
匂いをかいだ後ぺろぺろとなめてくれます。
なお、ねこの舌はみなさまの期待を大きく裏切ってザラザラしておりますので、
ペロペロとかチロチロという感触を期待してはいけません。
むしろちょっと痛い時すらあります。
人によっては『やすり』と表現する方もいるくらいです。

c0181601_913542.jpg




テーブルの上などのねこがぎりぎり届かないところに置いて、
ねこ達が必死に体をのばしてテーブルの端につかまり、
片手でおやつを追う姿を楽しむのも一興というものです。
いじめになったり、
ねこたちの正確が悪くなるなんてことがない程度で是非。

c0181601_917112.jpg




時間ももうないけど手元に余ってしまっている。
そんな時はねこと全く触れ合えなくてさみしがってるグループに譲ってあげると、
なんだか喜んでもらえたりもするのです。
幸せは天下の回りもの。
譲り合って共有しましょう。


いつもご支援ありがとうございます。
みなさまの1日1ぽちが励みになっておりますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
[PR]
by shibuneko | 2009-01-30 09:27 | ねこカフェ入門講座

下北沢・coccolare


c0181601_22283818.jpg


軽食も食べられるねこカフェ。

【基本情報】
■定休日:火曜日
■営業時間:11:00~23:00(月~土/最終受付22時半)
        11:00~20:00(日・祝/最終受付19時半)
■料金システム
・平日30分 750円
・土日祭日 850円
・延長10分毎に250円
・各パック 1時間 平日1200円~ 日・祝1300円~


小田急線or京王線下北沢駅南口より徒歩3分。
駅の階段を降りてそのまままっすぐ行くと、
アパレルのお店の2階に。
お値段高めのやや高級なねこカフェさんです。


茅ヶ崎の『ねこのすみか』さんがアドバイザーになり、
オーナーが開いた意欲店。
家族で楽しく遊べる場にしたいそうです。


広めの受付では雑貨の販売も。
c0181601_1734876.jpg




見えにくいが下段のソックスがスタッフのイチオシだとか。
販売される雑貨は不定期でかわるとのこと。
c0181601_17334560.jpg




イタリアのバール(BAR)をイメージしてデザインされたお店は清潔な高級感。
食事も飲み物も良い物を仕入れている0.5ランク上のお店。
その分はもちろんお値段に反映されるため、
ゆるさと安さが売りの下北沢にありながら価格層はやや高め。
店内の色取りはイタリアのトリコロールカラー(赤、白、緑)を採用。


c0181601_17353225.jpg



ねこスタッフは20匹前後で増えたり減ったり。
じゃらしスペースは比較的広くとってあるのだが、
ねこスタッフの数もインテリアの数も多いため、
人が入ると遊べるスペースは意外と狭い。


c0181601_15512275.jpg



それでも当初の予定からしたら随分と椅子を減らしたとか。
食事もメインに据えているので当然と言えば当然なのだが、
もうひと声ふた声椅子を減らしてみても良いと思う。


c0181601_155351100.jpg



ねこ達もまだじゃらされ慣れていないため、
かわいい仔猫から大きいねこまでじゃらしたい放題。
いろんな猫をみたいという方にはオススメ。
ねこ達の名前はほとんどが食べ物の名前。


c0181601_1544994.jpg



こねこの販売も行っているので、
買う前に触れ合いたい人にオススメ。
現在はメインクーンのこねこが。
ふわふわの手触りがたまらない。


客層は年齢層がやや高めで、
日々美味しい紅茶を飲んでいそうなマダムや、
お仕事で活躍してそうなおじさまが多い。


myおもちゃは持ち込みokだが、
もちろん入店時にスタッフのチェックで許可されてから。
お店のおもちゃはフロアに入ってすぐ右に。
c0181601_17362865.jpg



スタンプカードは料金に応じてたまる形式になったので、
長時間滞在でちょっと損した気分だった方々には嬉しいお知らせ。




【主なねこスタッフ】

■ガーリック
→スコティッシュフォールドの男の子。
 なんといってもまんまるなおめめと特徴の模様の顔が魅力。
 その白い部分のかたちからガーリックと名付けられたとか。
 ぐっすりと眠ってさぼることが多いように見られるが、
 スイッチが入るとまっさきに駆けてくる元気な子。
c0181601_17415297.jpg




■マフィン
→ラガマフィンの男の子。
 店長と呼ばれる大きいにゃんこ。
 その美貌は遺伝子にもきっちりあらわれたらしく、
 子どもには28万円の値がついたとか。
 お腹を出すポーズがお客さんに大人気。
c0181601_17371646.jpg




■プラム
→ペルシャ猫の女の子。
 気高き女帝。
 庶民(他のねこ)が近づいてくると容赦ない制裁が。
 毛のボリュームがすさまじく、
 長毛種が好きなら一度は謁見しておきたい素敵ねこ。
c0181601_22305511.jpg




■りんご
→チンチラシルバーの女の子。
 ちまっこくてかわいらしい元気な女の子。
 好奇心旺盛なのでよく遊んでくれる上に、
 抱っこするとおとなしくしていてくれる優等生。
c0181601_17404671.jpg




■みかん
→チンチラゴールデンの女の子。
 他の子よりも動きがゆったりなため、
 優しくじゃらしてあげると吉。
 スイッチが入ると機敏な動きで跳ねまわりますb
c0181601_17391639.jpg



 
■マシュマロ
→スコティッシュフォールドの女の子。
 当初は怖がりだったが成長と共に好奇心が勝って活発に。
 小さなからだをフルに使って跳ねまわる。
 遊んでくれるまでおすわりして待っててくれる空気が読める子。
c0181601_17413212.jpg





coccolare公式HP
http://www.cocconeko.com/



c0181601_1743148.jpg




【個人的な感想】
実際に価格設定が高いのもあるけれど、
高いという声が多く聞かれるのはそれ以外にも原因があるように思われます。
他店と比較すれば高いけれど、
実際高いか?ときかれると正直別に・・・と自分は思います。
癒しとくつろぎのねこカフェではなく、
“家族で遊べるねこカフェ”を目指していらっしゃるそうなので、
つまりそこの認識のズレから違和感が生じているのかなぁともこっそり思ってます。
他のお店は他のお店、このお店はこのお店。


最後までお読み頂きありがとうございます。
こちらをぽちっとクリックしていただけると励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
[PR]
by shibuneko | 2009-01-29 07:44 | 下北沢・coccolare(11)

下北沢・princeより。


下北沢・princeの特徴はパティシエの作るスイーツと、
ひとなつっこいねこスタッフたち。
(そしてその内に圧倒的なねこ密度。)


そのスイーツをちょっとだけご紹介。


■ガトーショコラ
ふわふわの食感にたっぷりの甘味。
お店のコンセプトに合わせてゆったりと優しい味に。
c0181601_501256.jpg



■苺のロールケーキ
生地に米粉をつかってふわふわ感を出している。
クリームはカスタードを生クリームを使って味に深みを。
c0181601_50286.jpg



スイーツは日替わりで用意していきたいとのこと。
プリン、ゼリー、シフォンなど軽いものはもちろん、
全国各地のケーキ屋さんを巡って得た引出しの多さを活かして、
日向夏を使ったレアチーズケーキなどを作っていくとか。


ケーキは全体的に甘めのやさしい味にしたいので、
紅茶と合わせてもらえたらうれしいそうです。


パティシエさん本人はとても明るくて、
ねこ愛もお菓子愛もたっぷりのやさしい方でした。


食べてみたいっ!という気持ちをこめてぽちっと是非♪

にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
[PR]
by shibuneko | 2009-01-28 00:32 | 下北沢・prince(14)

店内すなっぷ


下北沢・princeの店内をご紹介。


廊下を通ってじゃらしフロアにつくとこんな感じ。

c0181601_23483879.jpg




対角線上に進んで振り返るとこう。
c0181601_23491224.jpg




パティシエの作るデザートを食べる小部屋には低いテーブルとクッション。

c0181601_23502749.jpg




小部屋の中からもフロアがみえる設計。
c0181601_011557.jpg




中のテーブルに置いてある2匹のねこの写真は、
OPEN前に色々あって亡くなってしまった子の写真だとか。
オーナーさんのねこを大切にする気持ちがよくあらわれていると思う。
c0181601_235299.jpg




店内にある絵画はオーナーの叔父の方が描かれたとか。
個人的にこの絵がとても気にいった。
c0181601_23545639.jpg




今後、
フロアにクッションを置いたりメニューやねこ紹介シートを置いたりと、
どんどん改善させていきたいとのことでした。
blogやスタンプカードも考えられているとか。
今後の成長に期待です。


パティシエのスイーツの記事はこちら


みなさまの1クリックが励みになっております。
ぽちっと是非m(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
[PR]
by shibuneko | 2009-01-26 23:57 | 下北沢・prince(14)

下北沢・prince



c0181601_2342319.jpg



ねこのいるオシャレなお友達の家。


下北沢3店目となるねこカフェ。
パティシエの作る日替わりスイーツと、
ひとなつっこいねこスタッフたちが特徴。
オーナーさんの考える追加計画がスムーズにいけば、
近いうちに都内有数のねこ密度を誇るお店に。


場所は下北沢一番街商店街に線路側のゲートから入ってすぐ左の1階。

c0181601_23451983.jpg



入口で受付と手洗い・消毒を済ませた後、
No.プレートを受け取って、
スライド式のドアを通ってフロアへ。


c0181601_010113.jpg



ドアは鍵付きなので、
通ったら鍵を閉めることを忘れずに。


細い廊下を通ってねこと遊べる空間へ。
混んでる時はここでねこたちと遊ぶのも手です。

c0181601_2350183.jpg




フロアにはカップルソファが4つと、
遊ぶ空間とは別にデザートを食べるための小部屋が。
c0181601_07866.jpg




飲み物はフリーで飲み放題。
スタッフさんにオーダーを。


c0181601_023379.jpg




スイーツは全て常駐しているパティシエの手作り。
全国を旅行しては各地のケーキ屋さんの味を食べ歩きしている、
日ごろから研究に余念がないパティシエがつくるこだわりのスイーツ。
日替わりで様々なものを揃えていきたいとのこと。
お邪魔した日のメニューはガトーショコラと苺のロールケーキ。
紅茶と一緒に是非。

c0181601_0143085.jpg



ねこスタッフは全てオーナーさんの飼い猫で、
現在は男の子ばかりの11匹。
近日中に5匹増え、
さらにもう数匹増やすとか。
その中には女の子も少なくとも2匹。

営業時間:10:00~22:00 定休日は無し(予防接種などのために休む場合有り)

料金:
1時間 1200円
2時間 2000円
3時間 3000円
延長30分 500円
動物の専門学校の学生さんは学生証提示で割引有り。

猫のおやつ 100円(数量限定)


おもちゃの持ち込みは新品のみ可。


店内のおもちゃは、
じょじょに増やしていくとのこと。

c0181601_23425199.jpg




ねこたちの名前は、
男の子は漢字1文字、
女の子はひらがなで統一。

【主なねこスタッフ】

■憲 (けん/アメリカンカール)
c0181601_23581577.jpg



■元 (げん/マンチカン)
c0181601_2359229.jpg



■俊 (しゅん/マンチカン)
c0181601_23595612.jpg



■篤 (あつ/ミックス)
c0181601_00407.jpg




まだ子ネコでOPENしたてということで、
最初3か月間くらいは爪にはお気を付けください。
段々ねこスタッフたちも加減を覚えていきます。
爪がのびすぎかなと思ったらスタッフさんにひとこと是非。
すぐにチェックしてくれる誠意と行動力のあるお店です。

c0181601_8442351.jpg




店内スナップはこちら

キャットカフェ prince
http://www.cat-prince.com/index.html
*新しいHPの準備が進んでいて近々公開されるとのことです


【個人的な感想】
人スタッフも熱意と誠意に溢れ、
ねこたちも非常にひとなつっこい子ばかりです。
パティシエさんの作るスイーツも美味しい上にメニューは日替わり。
今日は何かなぁ~と楽しみになります。
現時点でもオススメですが、
今後の成長にも大きく期待できるお店だと思っています。
それにしても本当にねこたちがひとなつっこいのです。


応援のぽちっを是非!m(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
[PR]
by shibuneko | 2009-01-26 00:05 | 下北沢・prince(14)

あそび上手


渋谷・ハピ猫より。

スコティッシュフォールドのみるくさんは遊び上手。



みるく 『ねっ、ねっ、あそぼ。』
c0181601_1484699.jpg





みるく 『せーのぉ・・・。』
c0181601_1494287.jpg





みるく 『にゃがー!』
c0181601_150369.jpg





みるく 『にゃががーー!!』
c0181601_1503310.jpg





みるく 『ぷるにゃー!!』
c0181601_1505652.jpg





みるく 『またあそんでね!』
c0181601_1563515.jpg




・・・・・・



渋谷・ハピ猫さんではオモチャは有料レンタルで、
シンプルなねこじゃらしかヒモのみ。
みるくさんと遊びたい方は是非ともお早めに。
みるくさんがねこじゃらしorヒモに興味がある内にっ!


こねこの純粋な瞳は反則だと思う方はぽちっと是非

にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
[PR]
by shibuneko | 2009-01-24 02:01 | 渋谷・ハピ猫(3)

くわっ!


原宿・chamamoより。


chamamoのにゃんずはすこぶる仲良し。
c0181601_612591.jpg




興奮すると口が半開きになるカイくん。
c0181601_6221268.jpg




最近顔芸も覚えたようでございます。



くわっ!
c0181601_618338.jpg



和テイストっΣ( ̄□ ̄;)


本日1月23日はchamamoのボス、
マンチカンのルーツくんがお誕生日でございます。
c0181601_6343959.jpg



誕生日プレゼントにおもちゃを持参すると、
もれなく30分無料券プレゼントだとか。

『お家にあった紐やリボンでいいんですよ~、高級な物はNGですよ~!!』
とのこと。




さ ら に !




桜新町・NekoChayaのレオンくんも本日1月23日がお誕生日。
c0181601_629845.jpg




いつも元気をくれるにゃんこが無事にお誕生日をむかえる。
おめでとうとありがとうの嬉しい日だと思います。
お仕事が早く切り上げられた方は是非m(_ _)m

まだNekoChayaさんに行ったことがないという方もいらっしゃるかと思います。
個人的に是非ともオススメしたい場所なのですが、
納得のいく写真が足りてなくてレビューが遅れてもうしわけないorz


現在金曜の夜と土日のみOPEN。
ねこたちのかわいらしさといい、
ドリンクの美味しさといい、
お店の優しい雰囲気といい、
客層の穏やかさといい、
とても心地よいお店でございます。
何よりもオーナーさんがすこぶるいい人です。
まだ行ったことがない方は今週末にでも是非。



ルーツくんとレオンくんにおめでとう!のぽちっを

にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
[PR]
by shibuneko | 2009-01-23 06:35 | 原宿・chamamo(6)

渋谷・ハピ猫



店内写真の撮影はねこ写真以外禁止されているため、
ねこスタッフと店外の写真と文字のみのレビューとなります。




c0181601_4401671.jpg




居間を思わせるアットホームなお店。



JR渋谷駅から道玄坂を4分ほど上っていって右手のビルの3階。
渋谷という土地柄、ビルはキレイとは言えないが、
店内はゆったりと整っている。


c0181601_15571478.jpg

*3mくらい離れるか、思い切り縮小するとなんとなく雰囲気がわかるかもしれません


扉を開けると受付スペース。
そこでスリッパにはきかえ中へ。


入ったら不要な荷物を全て専用の袋に入れて預け、
手洗い・消毒をすませる。
飲み物注文必須なのでここでオーダー。


ねこのオモチャはレンタルのみ。
持ち込み禁止。
ねこオヤツも販売されている。
雑貨も今後販売していく予定とのこと。


店内はフローリングスペースと、
その向こうに畳スペース。


ねこスタッフは店舗サイトによると10匹。
内3~4匹がフロアに出て、
それ以外はゲージ。


一緒に遊ぶというよりはゆったり過ごす場所。
店員さんもじゃらしかたを教えたりフロアに常駐したりというよりは、
お客さんの空間に介入せず、
主に裏手やキッチンでお仕事やスタッフ同士で雑談をしている感じ。

ねこたちはあまりじゃらされなれていないため、
まともにじゃらせばねこスタッフ達の食いつきはそんなには悪くない。
レンタルオモチャはねこじゃらし(黄or赤)とヒモ各色。
レンタルのオモチャ以外(服のヒモや携帯のストラップetc)でじゃらすのは禁止。

ねこじゃらしに関してだが、
フローリングを傷つけてしまうということで柄の部分は使ったら注意されたという方も。
柄を使うなら畳とソファ、ホットカーペットの上とはっきりわかるカタチで。
あまり音を立てる遊ばせ方もNGの模様。


フローリング部分は床がすべるため、
じゃらすと猫が勢いあまってすべって飛んで行ってしまうことも。
怪我をさせてしまうことのないよう、
気をつけて遊びましょう。


■営業時間11:00~23:00 (最終受付22:00)
時間外利用は応相談。

■基本料金
時間制 1時間 1050円
飲物(プチ菓子付) 525円~(入店時に1オーダー必須)
チャイティーや抹茶ラテが人気とのこと。

基本料金+ドリンクが初期費用なので、
最低でも1575円とやや他店よりも価格層が高い。

■延長料金 30分ごと 525円



【主なねこスタッフ】


■みるく (スコティッシュフォールド)
c0181601_5203081.jpg




■こもも (スコティッシュ)
c0181601_5204842.jpg




渋谷・ハピ猫公式HP
http://hapineko.com/


【個人的な感想】
お店の設備はかわいらしく開放感があり、
ドリンクも各種そろっているのですが、
場所柄色んな方が来られるためか、
少し接客に疲れ気味なのかなぁという印象を受けました。
お互いが声をききあっていけたら、
さらに良い部分が光るねこカフェになるのかなぁと思いました。



皆様の1クリックが励みとなっております(-人-)

にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
[PR]
by shibuneko | 2009-01-22 05:13 | 渋谷・ハピ猫(3)